おばけスイカを収穫しました。

久しぶりの投稿です。
地主さんのご都合で畑が使えなくなりました。

そしたら畑好きのクララおばさんのことを思って
お知り合いが新しい畑を紹介してくれました。

そんなこんなで畑の場所が変わったり、その後の土作りに苦戦したり
思考錯誤しながらの始めたニュー家庭菜園です。

今年は天候不順でどこの畑でも獲れる野菜が貧弱です。
やせた畑でも大丈夫な「じゃがいも」を先日収穫しました。

やはりシンシアもアンデスも男爵もメークインも
ちょっと小ぶりです。

スーパーマーケットでの野菜もとても高くて
ちょっと貧弱な野菜が多いですね。

ところが!
クララおばさんのやせた畑で
今回なんとも大きいスイカが獲れました。
自宅の体重計で計量したらなんと 
P1060349.JPG
9.2キログラムもありびっくりしました。
畑が自宅からちょっと距離があるので自転車で通っているのですが

割れないように そ〜っと、やっとの思いで運びました。
でかしたクララおばさん!

と主人に褒められました。
えへん!と自慢したい気持ちでいっぱいです。

それではまたネ・・・

3月8日じゃがいも植えました。

今日は春うららぽかぽか陽気の畑日和です。
一昨日は雨が降って昨日は無理かなと言うことで今日は絶好のジャガイモを植える陽気でした。
今年の品種はメークィーンとシンシアと男爵の3種類でした。今年も例年と同じに最後に黒マルチで覆いました。去年はこれで大成功だったので今年も期待してます。
実はまだ寒い日もあって遅霜があったりした時の対策と、雑草を生えない様にする対策と、土寄せの手間対策ととても便利でした。
そして、収穫の時には粒が揃っていました。
希望と期待をいっぱい込めて黒マルチでおさえました。

じゃがいもは2つに割って、草木灰を付けて殺菌します。
P1020999-s.JPG

imo-2.gif

梅 あれ!重いぞ・・・?

こんにちは・・・今日は節分です。
朝起きたら外が妙に明るく白く感じたので窓を開けてみたら、寒ぶ!
さっ〜と冷たい空気と共にあたり一面の銀世界が目に飛び込んできました。玄関にある、毎年早咲きの梅の花に雪が積もってます。
うぁ〜っ!雪だ!まだまだ大きめの水分の多いボタン雪がしんしんと降り続いてます。今日は日曜なのでさすがに外を歩いている人はいません。早速デジカメを取り出して撮影しパソコンに向かいながら、梅ノ木に
「雪に負けないでね!」今年もしっかり実をつけて欲しいなぁと願いました。
2008ume.jpg 2008ume-2.jpg 2008ume-3.jpg

先日、じゃがいもの種芋、メークィーンと男爵とシンシアの3種類を買ってきてそろそろ準備しなきゃ・・・と頭の中で描いていたらこの雪です。雪が降ると豊作だというジンクスにあやかって積極的な家庭菜園を進めようと決めました。私の住んでいるところでは、珍しくお目にかかった雪です。寒さも忘れてちょっと見入ってしまいました。

謹賀新年!

新年明けまして
おめでとう
ございます。
2008nenga.jpg
寒いですが新年明けたらとてもすがすがしい空気が感じられて気持ちが良いですね。写真はまるまると太った大根君です。おでんにちょうどよさそう!おっと肥満にも気をつけなきゃ・・・。では今年もガンバッテ畑を耕します。そしてブログに訪れてくれる皆さんの期待にそえるように更新してゆきます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
クララおばさん

完熟とまとのジャムです。

hima-1.jpg CIMG0074.JPG

今年の夏はとにかく暑かったね!
そんな夏の日差しをたくさん浴びた完熟の、小さめのミニトマトをジャムにしました。
今年はいろんな物をジャムにしてみてます。
トマトのジャムってあまり一般的ではないけど、作って食べて見るとおいしいですね。

CIMG0181.JPG CIMG0191.JPG CIMG0196.JPG CIMG0197.JPG CIMG0201.JPG
<材料>
トマト・グラニュー糖・レモン
<つくりかた>
トマトは湯むきし、種をとり、ざく切りします。
グラニュー糖、レモン汁を加え、沸騰させ、あくを取り30分ぐらい煮詰めます。
最後に殺菌したびんに詰めて保存します。

ジャムはコツを覚えれるとけっこう楽しいですね。
季節ごとのいろいろな果物で試してみるとなかなかおもしろいし簡単でハマッちゃいました。
ジャムを作る時一番悩むのは、甘さと酸味です。果物に よっても必要な砂糖とレモンの量が違います。

お店で販売しているジャムは糖分が多いので、自分用なら味を見ながら自分好みにすることが出来るので良いですね。

基本は果物の重さの半分の砂糖が基本です。これだと常温で1年位は大丈夫です。でも三分の一まで減らすことができますが、保存期間が短くなってしまうようですね。でも冷蔵庫で半年ぐらいは大丈夫。

私は完熟したトマトを使ったので糖度があり、30%でも甘すぎると思い20%位で作りました。

また、保存するビンは5〜10分煮沸しましょう、消毒されてますからね。

おいしいからと言って、食べ過ぎてメタボにならないように気をつけなきゃ?
タグ:完熟トマト

イチゴジャムにトライしてみました。

ほんの少しのイチゴの苗を大切に育てました。スーパーに売っているような出来栄えにはなりません。だからイチゴのジャムにしてみました。
これだったら他人にわけて上げられますからね。ちょっと甘すぎたかな??
P1000362-2.JPG P1000421-s.jpg P1000423-s.jpg P1000424-s.jpg

春に耕した畑が収穫時期ですね。

春に植えたじゃがいもを収穫しました。真っ最中です。畝にはマルチをしてみたのですが、じゃがいもはとても元気に育ちました。大成功と思っています。写真のじゃがいもは、男爵です。みんな、元気の良い芽だったので2本立ちで作りました。大、中、小とちょうど良く、収穫量は、マルチをしない普通の作り方の時の1.5倍でした。陽があたらなくて通気の良いダンボール箱に入れ、積み重ねています。つづけて、わせしろとメークインを掘りたいのですが、お天気と相談です(^−^)。

CIMG0051.JPG CIMG0048.JPGじゃがいも

P1000455.JPG P1000445.JPG P1000436.JPG> たまねぎ

たまねぎの収穫は、じゃが芋より前の5月下旬〜6月初旬でした。同じ日に同じように植えましたが、やはりマルチをした方が大きく育ちました。しかし今年は、有機肥料だけでそだててみましたので、いつもより小さめです。玉ねぎの追肥にくふうが必要と感じました。根を切り取り茎を10cm程残しこのまま畑に3日お陽様に干してから取り込みました。後は、左右6個づつビニールひもでしばって、雨のあたらない日陰につるしておきます。芽が動きはじめる12月いっぱいまでは、おいしく食べられます。

家庭菜園ウォッチング

家庭菜園にも花の楽園があります。そして虫の楽園でもあります。そして鳥の楽園でもあります。

イチゴは私のものと思って網をかぶせましたが、キャベツは1個、鳥と虫用に残してあげました。いろんな虫や鳥が代わる代わりにやってきてはついばんでいるようです。でも虫は鳥が苦手ですよね。どう住み分けているでしょうかねぇ?

どうしようもない雑草は取り除きますが、自然の花はそのままにして楽しんじゃいます。農薬は極力使わないので、いろんな虫も暮らしてます。

P1000495-s.JPG P1000489-s.JPG P1000491-s.JPG P1000487-s.JPG P1000497-s.JPG P1000488-s.JPG P1000499-s.JPG

nasu-070527.jpg

P1000467-s.JPG

苺のその後と夏野菜たち・・・

以前、(これから冬なのにに花が咲きました。温室でもなく路地植えなのにビックリしました。これからどう対処すればよいのか分かりません)と・・・掲載したら、たくさんのアドバイスを頂きました。ありがとうございました。

結局そのままにしておいたら良いとのことになりました。初冬に咲いたイチゴの花は枯れてしまいましたが、時期がきて次々と新しい花芽が生まれて、下の写真のようにりっぱなイチゴになってくれました。今は毎日収穫しておいしくお腹に収まってます。
えへ・・今度はイチゴジャムにトライしてみようと思ってます。

他のスイカ、キュウリ、ピーマン、トマト、つるありインゲン、ナス、ゴーヤ、ヤーコン、シシトウ、かぼちゃ、モロヘイヤ、長ネギ、ニンジン、大根、落花生、オクラ、里芋、メロン、黒豆、トウモロコシなど夏野菜たちは今後の成長写真を掲載しますね。

P1000362.jpg P1000355.jpg P1000360.jpg P1000359.jpg
P1000371.jpg P1000369.jpg P1000368.jpg
P1000357.jpg P1000358.jpg
●私のコツ
 イチゴを収穫している間は出てくるランナーをすべて摘む
●注意
 毎日朝早くから鳥がやってくるので、食べないように網で防御する。
●健康(効能):がん、動脈硬化の予防。肌荒れの改善。風邪の予防。ストレスの解消。ビタミンCがとても豊富で、コラーゲンが生成され、肌のしみ、そばかすを防ぎます。苺の赤い色素は、発がんを抑える作用があります。

スイカ大好き

例年恒例のスイカを植えました。今年は種なしのスイカです。

P1000251.JPG P1000373.jpg CIMG2156.JPG

じゃがいも物語

畑仕事が最盛期です! ふ〜忙しぃ・・・

春に植えたじゃがいもが育ってきました。今年はマルチを勉強しようと色んな野菜に試しています。今のところじゃがいもはとても元気に生育して、大成功と思っています。

元気が良いので芽も2本立ちにしました。雑草を取る手間も省けて大変助かります。追肥も土寄せもしませんが、もう花のつぼみを持ってきました。今後どんな風に成長するのか観察してみます。
P1000175.JPG P1000272.JPG P1000273.JPG

今年に入ってからの天候は暖冬でしたが、春になって桜が咲くころに急に寒波がやってきて桜の花が長持ちしましたね。お陰様で2週間にわたってお花見ができました。しかし作物はいつもどおりの時期に植えました。

P1000161.JPG
以前紹介しました、2007梅が咲きました。の梅の実が付きました。今年もなんとか梅干を作りたいと思っています。昨年は塩分を少なくし過ぎてカビがはえてしまいました。体にやさしいようにと思って減塩しても梅干は出来ないようです。今年は、塩分濃度を12%位でやってみようと思っています。

たべたい菜を食べました。

だじゃれみたいですけど「たべたい菜」という野菜です。
tabe061123CIMG2451.JPG tabe1000050.JPG tabetai.jpg

ジャガイモを植えました。

今年のじゃがいもは沈丁花の花が満開の3月8日に植えました。
左から@ABCです。品種は男爵とメークィーンとわせしろの3種でした。わせしろはフライドポテトやポテトチップスに向いてます。きたあかりとアンデスは今年は植えませんでした。
P1000056.JPG P1000060.JPG P1000062.JPG P1000061.JPG
@うね巾が広かったので千鳥の2条植えとしました。大きい芋は半分に切って草木灰を付けて乾かし、腐れ防止をしました。
芋と芋の間は40cmで有機肥料と堆肥を間に置きました。
A黒マルチをかける前の全体です。
B芋の上には7cm位横の土をかけて黒マルチをかけました。
C黒マルチをかけた後の全体です。
収穫は大体6月頃の予定です。楽しみですね。

●私のコツ
 芽が出て黒マルチをツンツンと押し上げてきたら手で破ってあげます。
 黒マルチは収穫の最後まではがしません。雑草予防にもなります。
●注意
 芽がたくさん出たら1本か2本立ちにします。
●健康:ビタミンCが100g中23mgと多く、加熱による損失も少ないです。
 カリウムやビタミンB群も多く含まれます。
効能:便秘・疲労回復・胃潰瘍・高血圧・かぜ

家庭菜園の土作り

春野菜・夏野菜に向けての土作りです。左から@ABC

P1000031.JPG P1000032.JPG P1000033.JPG P1000035.JPG
@出来るだけ有機栽培をやりたくて、冬の間はくわで粗く耕して、天地返し(ほっくり返す)をしておきました。これは冬の寒さや太陽にさらすことによって、虫が少なく病気になりにくくするためにやります。

A春になって完熟した堆肥や有機肥料をまいて再び耕します。約10日ほどそのまま放っておきます。

Bそれから土壌を中和させるために、石灰を適量まいてすぐに、また耕します。石灰は固まるのですぐに耕します。カルシウムの多い野菜を作るためにも石灰は有効です。しかし、苦土石灰は蒔いてすぐに植える事が出来て便利なようですが、根からのカルシウム吸収が少ないようです。

C次に、1週間以上経ってから再び耕し、種まきをしたり、苗を植えます。

ポイント!一度にやらないで、肥料と石灰は日を変えて耕します。

さて今年はどんな家庭菜園が出来るかな?とても楽しみです。まず最初はじゃがいもを植える予定です。

白菜に帽子をかぶせました。保存法

9月に蒔いた白菜の種(黄月90日)が育ちました。普通の白菜より遅手です。この時期は霜が降りますので白菜に新聞紙で帽子をかぶせてあげました。これで春になってもおいしく食べられます。
haku-1.jpg haku-2.jpg
●私のコツ
 冬の寒さに負けないように帽子をかぶせる。
●注意
 鍋ものでは舌をやけどしないように!
●健康(効能):美肌効果、かぜ、便秘、利尿作用
   ※ビタミンCやカリウムやカルシウムや食物繊維が多いです。

感謝しておいしく食する。

中心の育ったブロッコリーは茹でてドレッシングで食べました。その後わき芽がたくさん出てきました。これも食べられるんですよ。
buro-1.jpg buro-2.jpg 
●私のコツ
 感謝しておいしく食する。
●注意
 わき芽を食べるためには中心の茎を短めにきること
●健康(効能):ガン、美肌効果、貧血、疲労回復、ストレスガン、免疫力強化、動脈硬化、老化抑制
  ※カリフラワーの原種ですが、それ以上に栄養素に富みます。
   ビタミンCやβカロチン、鉄、食物繊維が豊富です。

明けましておめでとうございます。

昨年中はお世話になりました。
2007nenga.jpg
今年も不定期ですががんばります。よろしくね。

人参と赤カブを収穫しました。
CIMG2210-s.JPG CIMG3174.JPG CIMG3176.JPG
        これが  →  こうなりました。
●私のコツ
 遅くても8月下旬までに種まきする。
●注意
 根の伸びる成長点に肥料が当たると又根になります。
●健康(効能):ガン、免疫力強化、動脈硬化、老化抑制
 人参を1/4本食べるだけで、成人が1日に必要なビタミンAを満たします。
 βカロチン(ビタミンAが体内で変わる)は、皮の近くに特に多く含まれてます。


めずらしい!金時草とセリのプランター栽培。

加賀野菜の金時草(キンジソウ)です。プランターで栽培しています。先日少し味見に、もやしと一緒に炒めてみました。山菜のような味がしました。
葉の表と裏のコントラストがキレイです。
1CIMG2533.JPG 3CIMG2537.JPG 4CIMG2538.jpg
●私のコツ
 日差しの強くない場所で栽培する。
●注意
 生育適温は10〜25℃で、けっこうデリケートです。
●健康
 血圧を調整する成分・γ-アミノ酪酸(GABA)が多く含まれ
 血圧上昇を抑える効果があることがわかった。
 精神を鎮静化する効果もある。

セリをプランターで栽培しました。
5CIMG2531.JPG
実はこのセリはスーパーで買ってきて茎と葉を食べて残った根元3cmをプランターに植えておいたものです。十分生育して何回も食べられて便利ですね。
●私のコツ
 根元を分けて1株ずつ植えます。
●注意
 こまめな水やりをします。
●健康
 リユウマチ、神経痛、解毒作用、解熱、血圧降下、感冒

鍋においしい!春菊の霜対策をしました。

寒い冬でもこうすると路地植えでも収穫できます。
1CIMG2521.JPG 2CIMG2525.JPG 3CIMG2526.JPG 4CIMG2529.JPG

●私のコツ
 意外と寒さに弱いので霜対策をしっかり!
 ※強い寒さにあたると葉先が痛みます。
●注意
 鍋物に入れるときは、煮すぎないように・・・。
●健康
 バランス良く栄養素が含まれています。
 特に多く含まれるβカロチンや鉄、カルシウム、ビタミンB2などがあります。
 ガン、かぜ、貧血

え!苺に花が・・!?

畑をやっていると驚くことがいっぱいです。これから冬なのに苺に花が咲きました。温室でもなく路地植えなのにビックリしました。これからどう対処すればよいのか分かりません。誰か知っている人がいたら
クララおばさんに教えてください。
061123CIMG2453.JPG 061123CIMG2454.JPG

●私の案
 @そのまま放っておく。
 A花を全部摘んで春に備える。
 B寒冷紗をかける。
  sha.jpg

 ※コメントで教えて下さいね。 クララおばさん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。